一般歯科

一般歯科

一般歯科治療

一般歯科治療

一般歯科治療とは、削る・抜く・欠けた部分を治すなどの、お口の中全般の治療を指します。歯科医院が通常行っている診療と思っていただいて構いません。

歯科医院で行う治療の中で特に多いのは虫歯治療です。

どうして虫歯になるの?

どうして虫歯になるの?

虫歯とは、口の中の細菌(磨き残しなど)が歯を溶かしてしまう状態を言います。この細菌は砂糖などの糖分が大好きです。
細菌は口の中に入った糖分を食べ、代わりに酸を出します。
この細菌が出した酸によって歯が溶け虫歯になります。

虫歯になるとこうなります

健康な歯の状態

健康な歯の状態

虫歯になっていない健康な歯の状態です。

歯みがきの際、目に見えない磨き残しなどが原因で虫歯になる場合があります。

虫歯になる前に定期健診とクリーニングを受けることをお勧めいたします。

虫歯レベル1

虫歯レベル1

歯の一番表層にあたるエナメル質に穴が開いた状態です。

この段階では痛みがないので虫歯に気づきにくいですが、れっきとした虫歯です。

早めの治療であれば痛みもほとんどなく、治療費もあまりかかりません。

虫歯レベル2

虫歯レベル2

虫歯レベル1の状態でしばらく放置した状態です。

エナメル質の下にある象牙質に虫歯が達してしまいました。

この状態になると歯がしみるなどの症状が出はじめます。

この段階であれば比較的簡単な治療で終わります。

虫歯レベル3

虫歯レベル3

虫歯が神経に達した状態です。

場合によっては夜も眠れないほどの痛みが出てきます。

治療せずこのままの状況で放置してしまうと、歯を抜かなくてはいけない状況になってしまいます。

虫歯レベル4

虫歯レベル4

神経が死んでしまった状態です。

神経が死んでしまったので強い痛みはありませんが、噛むと痛みや違和感があったり、膿(うみ)が溜まって顔がはれたり、細菌が血管を通り全身に影響をおよぼす可能性があります。

予防歯科は保険の費用で出来ます

予防歯科は保険の費用で出来ます

日本人は80~90%の方が冷たいものがしみるなどの知覚過敏(歯周病・歯槽膿漏)になっています。近年では小さなお子様にも軽度の歯周病が見られるようになっています。
正しいブラッシングと定期健診で虫歯や歯周病は予防できます。歯を失うと食事がしにくくなったり、入れ歯にするとしゃべりずらいなど、歯を失うことで日々の生活に悪い影響を与えてしまいます。いつまでもご自身の歯で美味しく食事をしていただき、楽しい会話に花を咲かせてほしいとスタッフ一同望んでおります。

虫歯を予防し、再発させないために

大切なのは日々のケア

大切なのは日々のケア

虫歯予防・再発防止に大切なのは、日々の正しいブラッシングと定期検診です。ですが虫歯になってしまった場合、初期段階の治療では歯をあまり削らず詰め物をする治療をお勧めしています。
詰め物というと一般的には金属の詰め物を使用しますが、金属の詰め物ですとお口を開いた時に中の金属が見えてしまう事に抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。当院でお薦めしている詰め物は白い詰め物を使用いたしますので、お口を開いた時に金属の色が見えることがありませんのでご安心ください。
治療後なによりも大切なのは術後のケアです。虫歯を治療することができても、それらが原因で溶けてしまった歯や顎の骨は元に戻すことはできません。健康な歯をいつまでも保つために、定期検診を受けるようにしましょう。

診療時間

急な痛みにも出来る限り対応します。
お気軽にお電話下さい。

 
9:30~12:30 × ×
14:30~20:00 × ×

:土曜の午後診療は18:00まで
×:木曜・日曜の午後・祝日

WEB予約バナー
©2014 そえだ歯科クリニック